ひろしまジン大学

  1. Home
  2. 概要
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. 支援サポーター

授業詳細

【しごと】

働くってなんだろう

2018年04月14日(土) 13時00分 ~ 15時00分    教室:LECT内 TーSITE
  • 授業情報
  • レポートUP
  • フォトレポートUP
  • コメント・トラックバック
最近では、在宅ワークという勤務形態も珍しくなくなり、
家に居ながら働く人も増えてきているようです。

だとすると、朝起きて身支度をして、
「行ってきます」と玄関を出て仕事へ向かう、
そんな、当たり前だと思ってきた風景が消える日も、
いつかは来るのでしょうか?

今回の授業では、
現在過渡期と言われている「仕事」をテーマに、
WEBアプリやITサービスの開発を行う
株式会社アンコード・代表取締役CEO丸田稔さんとの
座談会を行います。

そもそも、仕事とは何なのか?
働くってどういうこと?

みんなで一緒に考えながら、『現在の働き方』の
可能性を模索していきます。

『こんな会社があれば良いのに』
『こんな働き方が出来れば良いのに』

など、参加者全員の感覚を知ることから、
新たな視野を広げられれば…。

その後は、
中小企業診断士として様々な企業と関わりのある
丸田先生の予見も踏まえて、
『これからの働き方』を大胆予想!

五年後、十年後の広島にはどんな仕事が残るのか?
私たちが今から出来ることは何なのか?

広島に生きる私たちの未来を、
一緒に考えてみたいと思います。

【授業の流れ】
12:45 受付開始
13:00 授業開始
・丸田先生と座談会
・Q&A
14:45 記念撮影・レポート記入
15:00 授業終了

【注意事項】
※お子さん連れで参加可能ができます。(スタッフも子連れで参加します)
※ただし、託児サービスはありません。

【当日連絡先】
070-5522-9638(ひろしまジン大学事務局)
※緊急のご連絡の場合のみ、おかけ頂きますようお願いいたします。




(授業コーディネーター 野田夏梨)

丸田 稔 / 株式会社uncode(アンコード) / 代表取締役CEO 中小企業診断士

1976年広島県三原市生まれ。 広島大学卒業後、フリーターや派遣社員なども経験しつつ、電気設計、システムエンジニアとして就職。'17年より現アンコードにて独立後、主に新規サービスの経営コンサルタントを行いながら、それに関わるアプリ等のITツールを開発している。

今回の教室:LECT内 TーSITE

住所:広島市西区扇二丁目1-45

<アクセス>
JR「新井口駅」、広島電鉄「商工センター入口駅」下車 →アルパーク バスターミナルよりバスで約5分

車:広島高速3号線「商工センター」出口よりすぐ
山陽自動車道「五日市IC」出口より約15分
山陽自動車道「廿日市IC」出口より約20分

広島市西区にある商業施設LECT内にあるエリアのひとつです。蔦屋書店やスターバックスなどが立ち並ぶオシャレな空間は、老若男女が楽しめる場所です。
会場は2F、コールマンとCAINZの間にあるガラス張りの特設会場。とても広くて明るいお部屋になります。

「働く」を考えるあっという間の2時間!

SPICE RINGのメンバーとして第3回目となる今回の授業。
今回は一般の参加者も交え15名の男女が座談会に参加しました。

会場は、LECT内の複合商業エリアT-SITEにある、ガラス張りの「SQUARE GALLERY」です。
メンバー同士で持ち寄ったレジャーシートや玩具、テントで端にキッズスペースを設営。
快適空間で子どもたちは自由に遊んでいました。
そんな会場前では、「何がはじまるの?」と興味をもって立ち止まるお買い物客の方々もちらほら。

子どもたちの笑い声が響くなか、授業がスタート。

授業テーマは「働くってなんだろう」。
「自分の未来のため、自分の周りの人のために『働く』をテーマに考える場を作りたかった。」と開催のきっかけを話すのは、今回の授業コーディネーターでもありSPIECE RING結成の発起人でもある野田夏梨(のだ かりん)さん。

そして今回ゲストに迎えたのは株式会社アンコード代表取締役CEOの丸田稔さん。

野田さんが提示する4つのテーマをもとに、丸田さんと参加者でパネルディスカッション形式の座談会がスタート。

①そもそも仕事ってなに? 働くって何?
②理想の会社とは?理想の働き方とは?
③今後在宅になりそうな仕事 在宅でできそうな仕事
④広島で5年後、10年後なくなりそうな仕事 自分やパートナーが現在している仕事は今後のこるのか?

テーマごとに参加者は真剣に模索し、考えを巡らせたあと、自己紹介を含めてそれぞれの想いを発表していく。

①のテーマでは生きていくため、夢のため、スキルアップのため、夢のため。。
②では「個人の生活に合った働き方をそれぞれ選べるのが理想」という声が多くあがりました。
③オンラインでできる仕事や自宅を教室にできる仕事。「出来れば、なくならないでほしい。。」という希望の意見も。
④運転手、観光のガイド、工事作業、タクシー、キレイなお姉さんがいる受付、エレベーターガール、職人、宅配業、少子化により教師が減る、など。
「いや、それはなくならないと思う」というツッコミも出たり、参加者の意見は本当にそれぞれ違いました。


続いて参加者から丸田さんへ質疑応答
Q.中小企業診断士の資格取得のきっかけは何か
A.顧客のニーズに合わせるために経営についてはプロフェッショナルでなくてはならないと思い、企業して2年後に取得。仕事ではとても役に立っている。

Q.ベンチャーということもあり社員の不安はあるか、そして共有することはあるか
A.特に不安はきいたことがないが、経営者である自分は社員に向けて「こういう会社にしたい」という夢しか語らないので聞くことがないのかも。常々そういった夢や目標を口にすることが大切と感じている。

Q.これからはどういった人材が求められるか経営者視点で聞きたい
A.常に進化をしようとする人材が求められている。「こうでなくてはいけない」ではなく柔軟な思考をもつことが大切。

丸田さんの率直で芯のある言葉に参加者は真剣に耳を傾けていました。
そして授業も終わりを迎え、企画者の野田さんは「この仕事を選べば大丈夫というよりも働き方を柔軟に変えていこうという考えをもつことが大切なのでないか」と授業を締めくくりました。


「働くってなんだろう」について模索したあっという間の中身の濃い2時間。
今までの人生で、『働く』についてこんなに模索したことあったかな?
1人では1つしか答えがでないテーマでも、「場」になるとこんなに発見があるのだと感じた時間でした。
今後の活動も発見を大切に楽しみたいと思います!

■レポート/中谷 直子
■写真/塩谷 千鶴


※SPICE RINGとは ジン大で今年2月に発足した全16人の団体。子連れで出かけられる場で、『働くこと』などのテーマを探求しています。

※写真をクリックすると拡大します。


 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://hirojin.univnet.jp/subjects/trackback/379/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


レポートUP
カテゴリ:【しごと】
言 語 : 日本語のみ
定 員 :8人
参加対象:働くことに興味のある方