ひろしまジン大学

  1. Home
  2. 概要
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. 支援サポーター

授業詳細

【社会】

ひろしま哲学カフェ×ジン大 「まち」

2018年01月31日(水) 19時00分 ~ 21時30分    教室:Social Book Cafeハチドリ舎
  • 授業情報
  • レポート
  • フォトレポート
  • コメント・トラックバック
忙しい日常の中で、だれかとゆっくり対話をしたり、じっくり思考を深めたりする時間をどれくらい持てていますか?
集まった人たちと飲み物を片手に、特定のテーマについて、結論を出すことを目的にせずに話をする「哲学カフェ」。
難しい哲学の知識はいらず、感じることや考えを自由に話す中で自然と対話や思考が深まっていきます。ムリに話さず、聞くだけでもOK。
日本では1999年からスタートし、全国各地で楽しまれています。
ひろしま哲学カフェ×ジン大コラボ編の今回は、「まち」をテーマに開きます。

ひろしまジン大学はいわゆる「まちづくり」をしていますが、そもそも「まち」って?
人が住んでいて建物があれば、行政区があれば、「まち」は存在しているかのように見えます。なのに、例えば「まちづくり」という言葉がどうしてあるのでしょう? 「まち」は存在しているように見えるのに、なぜそれを改めてつくるのでしょう? みなさんがもつ「まち」のイメージってどんなもの?どう違う? 
「まち」について考えたい問いを募集するところから始めたいと思います。

哲学カフェを体験した後は、進行役の草間さゆりさんから、哲学カフェの魅力や可能性についてお話を聞きます。

平日の夜、普段とは少しちがう「会話」を楽しんでみませんか?

【授業の流れ】
18:45 受付開始
19:00 授業開始
 「哲学カフェ」を体験しよう
21:00 先生によるお話
 「哲学カフェ」の魅力、可能性について」
  みんなでフリートーク
21:25 記念撮影・レポート記入
21:30 授業終了

【持ち物】
・実費1000円(ワンドリンク、会場費)

【当日の連絡先】
070-5522-9638(ひろしまジン大学事務局)
※緊急のご連絡の場合のみ、おかけ頂きますようお願いいたします。



(授業コーディネーター 古川智恵美)

草間 さゆり / カフェフィロ・パートナー

東京での大学時代から『カフェフィロ』主催の哲学カフェに6年間参加者として通う。 進行役の勉強会などを経て、広島市内にて2017年4月より毎月「ひろしま哲学カフェ~呼吸と哲学のカフェ」を開き、進行役を務める。

今回の教室:Social Book Cafeハチドリ舎

住所:広島市中区土橋2-43-201
地図を見る

ハチドリ舎では、ほぼ毎日(を目指して)平和や社会問題等のイベントが開催され、自分ができることは何か?を考えることができます。

被爆者の方から、直接その経験を聞くことのできる、ただ講演を聞くだけではない、しっかりと想いをつむぐような場に。

自分が何をしようか迷っている人にとっては、面白い人と出会えるソーシャル駆け込み寺のような場に。

広島の人にとっては、県外海外の人とつながり、広島の今をありのままにシェアする場に。

海外から訪れる人にとっては、”ヒロシマ”の情報を英語で知ることのでき、原爆の語り部のお話を聞くことができる場に。

人と人がつながり
人と世界、人と社会がつながれば、
少しずつ世界は良くなっていくと信じています。

まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://hirojin.univnet.jp/subjects/trackback/371/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


満員締切
カテゴリ:【社会】
言 語 : 日本語のみ
定 員 :7人
受付開始:2017年12月21日(木) 12時30分
受付終了:2018年01月29日(月) 23時00分
参加対象:どなたでも
応募方法:抽選申し込みとなります。
補足:
当日の持ち物:・実費1000円(ワンドリンク、会場費)