ひろしまジン大学

  1. Home
  2. 概要
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. 支援サポーター

授業詳細

【食】

目指せビールの達人・リターンズ~世界のビールを飲み比べ!~

2017年03月19日(日) 13時30分 ~ 16時00分    教室:GOLDEN GARDEN
  • 授業情報
  • レポートUP
  • フォトレポートUP
  • コメント・トラックバック
『クラフトビール』や『地ビール』という言葉。
聞いたことがある人も増えたのではないでしょうか?

最近では、スーパーやコンビニでも気軽に手にはいるようになり、
地ビールファンもどんどん増えているようです。

その一方で、
『香りが強いやつでしょ?』
『個性的なビールのことですよね?』
『なんとなく、いつもと違うやつ?』
など、詳しいことを知らない方も、まだまだ多いのでは?

通常飲んでいる日本大手メーカーのビールは、
ほとんどが「ピルスナー」と言われるスタイルのもの。

しかし、ビールの世界もチーズやワインのように
醸造法や味・香りが違うさまざまなビアスタイルがあるんです!

世界のビールを見てみると、
エール、ダークエール、ヴァイツェン・・・etc
なんと、100以上のスタイルに分類されていると言われているんですよ~!
(日本地ビール協会ビアスタイルガイドラインより)

今回は、2012年に大好評だった授業の復刻版!
目指せビールの達人! ~世界と呉のビール・ティスティング講座~>>>

------------------------------------------------------
○ビアスタイル及びビールの造り方(原材料等)
○代表的なスタイルのビールを実際にティスティング
------------------------------------------------------
を、中心に学んでいきます。

ヨーロッパやアメリカのビールはもちろん、
広島県内のクラフトビール(地ビール)を造っている『呉ビール』さんも試飲予定。
最新のクラフトビール情報なども教えていただきます!

先生は、『地ビールフェスタinひろしま』の実行委員長・福本貴志さん。
4月15日(土)、16日(日)に旧広島市民球場跡地で開催される地ビールの祭典も、
今年は記念すべき第10回目を迎えます!

※詳しくはコチラ
地ビールフェスタinひろしま>>>

この授業で、クラフトビールを学んで参加すると100倍楽しめること間違いなし(当学比)!

色、香り、味、さまざまな個性豊かなビールを詳しく学ぶことで、
奥深きビールの世界に漕ぎ出してみませんか?


【授業の流れ】
13:15 受付開始
13:30 授業開始
○ビアスタイル及びビールの造り方講義(原材料等)
○代表的なスタイルのビールを実際にティスティング
15:45 記念撮影・アンケート記入
16:00 授業終了

【注意事項】
※ビール代として、1人1,500円の実費がかかります。
※ビールを試飲しますので、お車ではお越しにならないようにお願いします。
※20歳以上の方のみの参加とさせていただきます。
※お食事は含まれていませんのでご了承ください。


【集合場所】
GOLDEN GARDEN

【持ち物】
ビール代として、1,500円の実費

【入場】
集合場所へは、授業開始時間までに必ず集合して下さい。
なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来ませんのでご注意下さい。

【交通手段】
ビールのテイスティングをしますので、お車でのご来場はご遠慮ください。

【当日連絡先】
070-5522-9638(ひろしまジン大学事務局)
※緊急のご連絡の場合のみ、おかけ頂きますようお願いいたします。


(授業コーディネーター キムラミチタ)

福本貴志  / GOLDEN GARDEN及びRAKU BEERオーナー/地ビールフェスタinひろしま実行委員長

大学卒業後、人と接する仕事がしたいと飲食業へ。その後、オーストラリアにワーキングホリデーに行き、個性豊かなビールにはまる。広島に戻ってからは、クラフトビール(地ビール)の醸造所で研修を受けたり、各地の醸造所、ビールのイベントを回るなど、ビールの知識をつけ、世界のビールの専門Bar「GOLDEN GARDEN」を新天地のビルの2FにOPEN。その後、三川町に日本のクラフトビールを楽しめるBeer Cafe「RAKU BEER」もOPENした。 2016年には、「GOLDEN GARDEN」をPUB & KITCHENとして、同ビル1Fにリニューアルし、より多くの方にビールやFOODを楽しめる店へと進化させている。 また、今年10回目を迎える「地ビールフェスタinひろしま」という全国のクラフトビールを楽しめるイベントを主催し、日々ビールの楽しさ、奥深さを伝えている。日本地ビール協会認定ビアテイスター。広島在住

今回の教室:GOLDEN GARDEN

住所:広島市中区新天地2-12 濶久ビル
アクセス:広電八丁堀電停から徒歩5分
地図を見る

WORLD BEERを中心に(随時種類が変わる樽生8種類+100種類以上のボトルビール)、OBSCURA COFFEEさんプロデュースのSPECIALITY COFFEEやヴァン・ナチュール(自然派のワイン)をはじめとするWINEを何種類か、citrusfarms たてみち屋さんのレモンを使ったドリンク、オリジナルSLIDER BURGER(ミニバーガー)や酒場らしいFOODがあるPUB & KITCHEN

奥深いビールの世界。 自分好みのビールは?

 三連休で街がにぎわう3月19日の昼下がり、「目指せビールの達人・リターンズ~世界のビールを飲み比べ!」が開催されました。ひとくちにクラフトビールといってもさまざまな種類、銘柄があり、自分の好みに合うのはどれだろう?と思われる方も多いのではないでしょうか。当日は会場となったビール専門Bar「GOLDEN GARDEN」オーナー福本貴志さん、呉ビール株式会社の増田さんのお話を聞きつつ、テイスティングを行いました。

 まずは簡単に参加者の自己紹介から。好きなお酒をお聞きしたところ、日本酒、ワイン、焼酎、何でも!という方もいらっしゃいました。みなさんクラフトビールのことを知りたい!飲みたい!という期待が伝わってきます。

 はやる気持ちをおさえ、福本さんによる基本的なビールの製造工程のお話からスタート。ビールは一言で言えば「麦芽で作った醸造酒」のことです。水、麦芽、ホップ、酵母で造ります。その他、米やフルーツなどの副原料を使ってつくるものもあります。

 発酵の温度の違い、副原料を入れるタイミングなどによってアルコール度数、香り、飲み口などさまざまなバリエーションが生まれます。日本の酒税法ではビール、発泡酒、第3のビールなど複数の呼び方が存在しますが、これは麦芽と副原料の使用率によるものです。この分類は日本独自のものなので、海外のビールが日本に輸入されて発泡酒と書かれることはよくあるそうです。

 ビールの起源は紀元前三千年前までさかのぼることができますが、現在国内でもっとも飲まれているピルスナーというビールの製造が始まったのは1880年以降。そんな壮大なビール史を聞きながら、いよいよ試飲開始です。

 まずは、イギリス産とアメリカ産のホップをそれぞれ使った淡色のペールエールを2杯。ホップの香りを嗅いでみました。イギリス産は草原のような香りを感じ、アメリカ産は柑橘系のようにさわやかな香り。次の試飲は焙煎した麦芽を使ったブラウンエール。濃い茶色と麦の強い香り、甘味を感じます。その後もワインのようなコクと香りのバーレーワイン、焦げた香りと苦味のスタウト、フルーティーでスパイスのきいたホワイトエール、バナナとクローブの香りのヴァイツェン、と続きました。

 参加者のみなさん、試飲するごとにビールの見た目、香り、味の違いに驚いています。「えっ、これもビール??」「こっちの方が好み」といった感想や、「ビールに合う食べ物の選び方は?」「泡が立たないビールもある?」など質問も飛び出しました。福本さんは種類ごとに特徴があるビールをラーメンにたとえて、「おおまかな分類と自分の好みを知っていると、初めての銘柄でもだいたい想像がつきます」とおっしゃっていました。

 その後もビールを3度に分けて注ぐ方法、グラスの形によってビールの味の感じ方が変化する、など興味深いお話が聞けました。また、ビールといえば鮮度が重要と思いがちですが、種類によっては2年ほど置いたほうがおいしいものもあるそうです。うーむ奥が深い、、とみなさんで感心。

 休憩のあとは増田さんの登場です。呉ビールの看板商品である「海軍さんの麦酒」と、瀬戸内の果物をイメージしたという「しまのわビール」を試飲させていただきました。レモンのようなさわやかな香りのビール、これから暖かくなる季節に合いそうです。

 さいごに、4月15日(土)、16日(日)に旧広島市民球場跡地で開催される「第10回地ビールフェスタinひろしま」の紹介をしていただき、授業はお開きとなりました。今日の授業で学んだことを活かして、これからの季節色々な場面でビールを楽しみたいですね。


■レポート/塚野 理加
■写真/鹿渡 成樹

※写真をクリックすると拡大します。


 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://hirojin.univnet.jp/subjects/trackback/341/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。


レポートUP
カテゴリ:【食】
言 語 : 日本語のみ
定 員 :15人
参加対象:20歳以上の方ならどなたでも