ひろしまジン大学

  1. Home
  2. 概要
  3. 参加方法
  4. 授業・レポート
  5. 先生
  6. キャンパスガイド
  7. 支援サポーター
一覧へ戻る

ニュース詳細

2016年02月29日(月) 18時39分

河野宏樹先生より、『プロ編集者から学ぶ “伝わる”文章を書く7つのポイント』のご案内です。

_______________________

プロ編集者から学ぶ “伝わる”文章を書く7つのポイント
__________________________

ひろしまジン大学の授業、
「Imagineひろしま ~みんなで話そう!広島のこと~」
等の授業で先生をして頂いた河野宏樹さんより、
文章講座のご案内です。

仕事やSNSなど、文章を書く場面って日常で多くありますよね。
自分の言葉をより伝わりやすくするテクニックを学びませんか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

誰かに何かを伝えたい時に欠かせない“文章力”。
すぐに使える、超実践的な文章講座を開催します。
講師は雑誌などでプロ編集者として活躍しながら、文章指南に各地を飛び回っている赤羽博之さん。
(著書『すぐできる!伝わる文章の書き方』はおススメです!)

去年の6月に赤羽さんの文章講座へ参加し、書き方のテクニックはもちろん、伝える相手にとことん寄り添う姿勢に心打たれてその場で広島での開催をお願いしました。

赤羽さんが定義する“伝わる”文章とは、
「スッと読める」「意味・内容が相手にしっかり届く」の2つを同時に実現できること。
文章作成はキャッチボールと同じ。相手に受けやすいように投げることが大切です。
そのためには7つのポイントがあるそうです。
①短く書く 
②重複を省く 
③文末でリズムを生む 
④ポイントを絞る
⑤具体的に書く 
⑥句読点は考えて打つ 
⑦客観視する

今回は、事前に課題文(150字)の作成 → 当日、事例を交えながら7つのポイントについてレクチャー → その場で課題文を推敲してみる → その場で講師による添削・講評、を1日かけてじっくり行います。

情報があふれる今だからこそ、“伝わる”文章力を身につけましょう!

◎こんな方におススメ
・書くことに苦手意識がある方
・広報に携わっている方
・とにかく基礎的な文章力を身につけたい方

▼申込は以下の「こくちーず」からお願いいたします。
http://kokucheese.com/event/index/366139/


日 時:2016年3月19日(土) 10時~17時(事前課題の締切:3月10日)
場 所:広島市中区会議室(申し込みいただいた方にご案内します)
対 象:広報に関心がある方、文章力をUPさせたい方
定 員:15名
参加費:10,000円
ゲスト:赤羽博之さん(合同会社耕文舎 代表)
主催:NPO法人これからの学びネットワーク
内容:
・講義「伝わる文章を書く7つのポイント」
・実習①「自分が書いた文章を推敲してみよう」
・実習②「みなさんが書いた文章をその場で講評&添削」
※申込みされた方は、事前に150字の課題文(テーマ:「私の好きな食べもの(飲みもの)」を提出してください。

赤羽博之さんプロフィール
1956年神奈川県生まれ。早稲田大学卒業後、出版社、メーカー系の制作会社、環境NGOを経て、1999年フリーの編集者に。2002~08年イオンカード会員向け月刊生活情報誌『mom(モム)』編集長。2008~12年「nikkei net」(現;日経電子版)企画制作ディレクターを務める。現在は「伝わる文章の書き方」講師として、企業・団体研修、ライタースクール、大学の公開講座、セミナーなどで活動。
一覧へ戻る